勤め人拡大論

学生時代から読んでいる4コマ漫画で「勤め人開設論」という雑誌があります。

読んで字のごとく、勤め人さんの会社で起こる見本中心に描かれているのですが、学生時代は「あぁ大人になったらこうした生活です」と勘違いしていました。

四六時中出勤してお茶を入れて人まねを取って、ちらほらおつかい頼まれて出発ついでにお茶…

誠に言うバブル時代の勤め人さんなんでしょうか。

いま、社会人になってこうした生活はかけ離れた勤め人人生を送っていますが、なかなか何故想像していたものとは違うもののそれなりに面白く過ごしております。

いまの生活を4コマにしたら20ご時世その後「そんな時世があったの?!」って言われちゃうのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。